新着情報

『1答入魂』

2014年7月17日|未分類

『勉強の仕方を教えて下さい』っと、学生に聞かれることが多々ある。

 

勉強の仕方は、学生の生活スタイル、勉強量、学習習熟度等、様々な要因がからみ人それぞれ違う。

一概にこうやれば受かるよ等、軽く言えるアドバイスなどはない。

ただ、ポイントを外さない勉強の仕方はある(勉強量がある程度ある人には有効だろう)。

点数が伸び悩んでいる学生は参考にして欲しい。

 

①まず、問題を見て頻度高くでてくる言葉(この時点では重要そうなキーワードといっておこう)を確認する

→この時点では問題をきちんと解く必要はない。なぜなら解けない問題が多いから時間ばかりかかってしまうから。

 

②①で調べた重要そうなキーワードを中心に参考書の本文を読み理解していく。その周りも併せて確認していく。

→問題で全くでてこないワードのところはこの時点では一旦飛ばしていく。

→①を飛ばして参考書を1ページ目からじっくり読んでいくのはやめよう。時間がかかりすぎるため。

 

③本文を理解した上で、今度は問題を解いていく。正解した問題と間違えた問題を分別していく。

→問題を解いて間違えた問題は、次回も間違えやすい問題、苦手な範囲になりやすいところなので分別していく必要がある。

→間違えた問題は、該当する本文を再度読み、内容を確認していく

→この時点で問題を分別しておくと、テスト前に確認していく問題量が減らせるので、苦手なところをより多く復習することができる。

 

基本的には①→②→③→①→②→の繰り返しの訓練だ!!

一度間違えた問題を二度と間違わないようにしていけば、必然的に正解できる問題が多くなる。

同じミスをしないように自己管理して訓練していこう。

 

『1答入魂』の気持ちを忘れずに、問題を解いていこう。